★悩み解決の仕組みのヒント9(緊張、憂うつ、コミュニケーションなど)………シンプルな問題のみえる窓からみること

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-352 )>

☆問題を整理して、絞ると………………前回の続き

◎Hさんの場合の必要なことを整理すると

  Hさんの自覚する困った問題は、

  10個以上ありました。

  この自覚する問題を限りなく少なくすると、

  対策は立てやすくなります。

◎整理し、シンプル化すると………………解決のための窓は

  Hさんの問題を

  整理し、シンプル化すると、

  次のようなものでした。

  1.人中で、緊張をしないようになりたい

    (コミュニケーションがとれるようになるため)

  2.さらに、話したい、わかって欲しい

    (その結果、今の自分を認めて欲しいと言うことでした)

◎問題の解決は………………10個以上の問題をみる窓から、2個をみる窓に

  Hさんの問題解決には、

  上記の二つを解決すれば、

  全体の基本となる問題は、解決することになります。

    ………………(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-353 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆Hさんの具体的な対策

◎緊張をほぐすこと

  身体的な緊張が身についていましたので、

  その緊張を潜在意識を通じて、

  身体や心理面をくつろがせることです。

◎話すこと

  これまで、Hさんが、

  他の人に理解されないと思い、

  口にできなかったことを話すことでした。

  (Hさんの内的に感じていた特殊な世界の話しも含めて)

◎Hさんのもつ特性を活かす………自己受容のために

  自分のもっている特性がマイナスではなく、

  実は、プラスになることの体験を繰り返しました。

  (内的な意識の活用にて、問題を解決できる体験)

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です