★悩みと 体、頭、心の働く速度………………パニック症候群や吃音など

☆働く速度

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

◎オモチャの積み木が崩れるとき………………加速度と積み木の崩れ

  積み木をオモチャの車に乗せて、

  ゆっくり動けば、その積み木は崩れません。

  ところが、

  そのオモチャの車をある速度以上に急発進させると、

  そこに乗せた積み木は、崩れ落ちてしまいます。

  あるいは、

  ある速度で走るオモチャの車が、

  急停車させると、同じように積み木は崩れてしまいます。

◎神経の働きと対応速度

  神経の働きは、

  限界を超える高速や低速になったり、

  神経のバランスを乱したりします。

  さらに、急激な高速や低速に変化する(神経の働きに加速度がつく)とき、

  変化の限界を超えると、

  問題が起こりやすくなります。

    ………………(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-334 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆速度と心や体の悩みの例

◎パニックと速度

  徹夜に近い仕事が数日続いているAさんの例です。

  そのAさんは、帰宅する電車の中で、ふらりと倒れそうになり、

  動悸がして、不安感の起こる体験をしました。

  こんなときのAさんの体や頭、心は、

  当然のこと、機能低下しています。

  機能低下すると、一般に、心身の働きは、ゆっくりしてきます。

◎ポイント

  機能低下は、一般に

  疲労を回復させようとしているために起こるものです。

<続く>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です