Monthly Archives: 4月 2013

★悩み解決の仕組みのヒント13(強迫症、死の恐怖)……気で問題をサーチする方法

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-356 )>

☆気によるサーチ法 ……………………………気の実用的な応用例

◎気で問題を探し出す法(問題をサーチする方法)

  心身の問題のあるとき、

  その問題に関連したものを探し出していく方法があります。

  (潜在意識などの中から問題を探す方法です)

  その方法は、気の流れなどから、

  問題を探し出していく方法です。

☆死の恐怖で悩むAさんの場合………………一例

  Aさんは、死の恐怖があり、不安で悩んでいました。

  人は、いつか命の尽きることがありますが、

  ほとんどの方は、生活の中で、いつも意識することはありません。

  ところが、Aさんは、この死の恐怖が日常化し、

  極度に大きくなっていました。

  強迫的な悩みとなっていたのです。

◎気で原因をサーチする

  Aさんの悩みは、

  深い問題なので、原因を気で探していきました。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-357 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

  具体的には、

  気で原因をサーチする方法です。

  ここで、

  Aさんの恐怖の原因は、

  現在の生活の状態、体の状態、心の状態、頭の使い方考え方、

  これまでの生活の仕方、体や心の使い方などが原因しています。

  当然、

  脳や心、体に記録されたトラウマなども当然含まれています。

  次回は、このつづきです。

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その69(三つの心のうちの大人の心)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用68(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-376 )>

☆今回の内容

◎今回のテーマ

  今回のテーマは、大人の心についてです。

◎大人の心の働くときは

  なぜ、と考えられるときです。

  どのようにしたらよいか、と考えられるときです。

☆大人の心の働いているときの具体的な例

◎なぜ、どうしたらいい、と考えてみる

  ゲームをするとき、

  なぜ、勝てるのか、

  どのようにしら勝てるのか(負けたのか)

  等と考えているときは、

  大人の心を使っています。

◎ポイント

  ここで言う”大人の心”は、

  問題が起これば、気分や感情よりも、

  どうしたらいいのか等の頭や心を優先的に使います。

  ”大人の心”は、

  理性的、論理的な働きが十分に働くときの心の状態です。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-377 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

☆生活の中で、こんな体験をしてみる

  日常生活の中で、なぜという言葉を思い出します。

  例えば、朝、午後、夕方などの時間帯で、

  気がついたときに、”なぜ”という言葉を思い出します。

◎参考に

  この”なぜ”という言葉を思い出すとか、自覚するだけで、

  頭や心は、”大人の心” として、最低限の働きを始めます。

☆体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント12(緊張、憂うつ、コミュニケーション)……赤い帯の本を探す

中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2>

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-355 )>

☆窓の例 ………………特定の本だけがみえる窓からみるために

◎赤い帯の本を探すとき

  人が数千冊の本の中から、一冊の本を探すには、

  大変な時間がかかります。

  ところが、ちょっと工夫をすると、

  その時間を非常に短縮することができます。

◎人の特性………………見える本と、見えなくなる本

  例えば、たくさんの本の中から、

  書名だけで、その本を探そうとすれば、時間はかかります。

  ところが、その探す本に、

  赤い帯のついていることをわかっている場合です。

  赤い色の帯の本を探そうとすれば、

  一般に、赤い帯の本が意識されるようになり、

  黒や黄色の本は見えにくくなります。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-356 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎”赤い帯”の本を探すときの例

  例えば、
  『会津ManMaコンシェルジュ』と言う本は、

  帯が赤です。

  積んである、多くの本の中で、

  この本を探すとき、

  1.赤色の帯のついている本を探し、

  2.次に、その中で一致する書名の本を探します。

◎ポイント

  ここでの内容は、

  当たり前と言えば、当たり前ですが、

  非常に実用的です。

  次回は、その具体的な例です。

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その68(三つの心のうちの子供の心)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用67(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-375 )>

☆今回の内容

  ここでは、

  人が、ゲームをするときに起こる心の状態から

  三つの心の働きをみてみます。

  今回は、子供の心についてです。

☆参考例………ゲームをするときに働く心の例

◎子供の心のとき

  ゲームをやっているとき、

  勝った負けたで、争っているときの心の状態です。

  野球やサッカーなどで、

  応援をしているときの心の状態も同じです。

  あるいは、

  不要に、我慢したり、

  過剰に表現するときに働く心のあるときです。

  このようなときの心は、子供の心になっています。

◎ポイント

  大人でも、この子どもの心があります。

  ようは、この心を必要に応じて、必要な心を使えると、

  快適な生活や人生になります。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-376 )
(日付順の目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎体験例………………子供の心の体験例

  ”今日は縁起が良い体験などをする”と設定します。、

  次に、

  その結果が、

  うまくいったときと、うまくいかない時をみます。

  例えば、

  久しぶりの友に会った等です。

  この体験したときの気分を

  素直に感じ、

  心の中で表現してみます。

  例えば、

  うまくいったときは、「ヤッター」とか

  うまくいかないとき、「ちくしょう残念(男性の場合?)」とかです。

  あるいは、気分を伝えて、通じる人に話してみます。

☆体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント11(緊張、憂うつ、コミュニケーション)……問題のみえる窓からみる素朴な方法

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-354 )>

☆「どうしたらいいのかわからないとき」の対策の基本………Hさんの整理のために

  問題が起こり、どうしたらいいのかわからないとき、

  車の運転を教習所でマスターするように、

  体でわかることが、ひとつのコツです。

  さらに大切なポイントがあります。

  心の悩みの解決も、一般的な進め方に、

  形があります。

  以下は、その素朴な進め方の形です。

◎やってみること1………………まず、話せる人に話してみること

  ここでは、話すこと、聞くことで、

  自分の納得する答えを引き出すためにあります。

◎やってみること2………………具体的な対策を整理すること

  話しているうちに、あるいは、後で、整理できやすくなります。

◎やってみること3………………具体的な問題解決の体験をすること

  Hさんは、緊張する問題のために、リラックスのできるようにすることです。

  ここでの体験をすることで、真に整理ができてきます。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-355 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆キーポイント………………コツ

◎やってみること

  車の運転は、

  その教科書を読んでいるだけでは、できるようになりません。

  心の悩みも、その解決法を知っていても、

  解決できません。

  一般に、解決法は、素朴なものです。

  ただ、この素朴な方法を行えるかどうかです。

  ここで、方法を行えないとき、

  その方法を行えるようにすることがキーポイントです。

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

1 2 3 12