★意識と体3(自律神経失調症やパニック症候群、うつ状態などの症状と総称)………………悩みの解決や自己開発のために

中心テーマは、「二つの体:現実の体と意識の体」ことです。

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆例

  人は、外科的な問題がないのに、

  不快な症状に悩まされることがあります。

  例えば、以下のようなさまざまな問題が起こります。

◎症状としては

  ・胸が苦しいとき

  ・動悸がして不安

  ・めまい

  ・不眠

  ・憂うつ感

  ・乗り物不安、乗り物恐怖

  ・パニック状態

  ・その他

    意識する自覚する不快症状の全てです。

◎ポイント

  上記のような問題の起こるとき、

  程度の差はありますが、

  自律神経の乱れを起こしています。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-312 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆参考に

  極端に表現すれば、

  各種の自覚症状をグループ分けして、

  記号付けをおなったものが、以下のようなものになります。

◎パニック障害

◎うつ状態

◎自律神経失調症

◎その他、

  ・機能的なアンバランスからの

   心の悩みや身体症状のあらわれです。

<次回に続く>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です