★赤ちゃん誕生の縁をつくるために4(安産のために)

テーマは、「安産のための全身運動について」です。

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

<前回の続き>

☆対策

◎体の全身運動

  人間の体は、うまくできています。

  例えば、

  体の多少の腰や骨盤のアンバランスがあっても、

  全身の運動や体操を行っていると、

  身体のもつバランス能力が働き、

  バランスがとれてしまいます。

  また、

  このバランス能力を高めるには、

  できるだけ全身の運動をすることです。

◎身体の歪みの大きい場合は

  身体の歪みの大きい場合は、単に全身運動だけでは不十分です。

  それに対処する方法が必要です。

  そのための方法は、

  ・ひとつには、身体面の修正があります。

  ・もうひとつは、感情などの心理面を整えることです。

  このような歪みの大きい場合は、

  心理療法や、身体的修正を行う専門のところで

  身体や心理面を整える必要があります。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-307 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

◎ポイント

  (スポーツは、一般に、特定の処を中心に使います)

  例えば、テニスは

  超一流のプロのプレーヤーは、全身を使ってテニスを行います。

  それは、全身の働きを目的の方向に使わなければ、

  一流になれないし、相手に勝てません。

  (また、プロは、身体のフォローを十分に行います)

  ところが、

  一般の方が、テニスを行うとき、

  その動きは、肩や腕の動きとなり、部分的な動きになります。

  そのため、

  一般の人の行うスポーツは、

  特定の動きとなり、全身運動になりません。

  (気分転換や運動発散にはなりますが、

  大きな歪みは解消されにくいのです)

  そこで、あえて言えば、

  ヨガのポーズや水泳などの(やり方のコツはありますが)

  全身運動をするものがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です