★今回のテーマは、「人の意識と悩み」についてです

☆中心テーマ:悩みと癖について133(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆前回の続き

◎意識すること

  意識は、

  痛みを意識する、

  身体の冷えを意識する、

  動悸を意識する、

  疲れを意識する、

  不安を意識する、

  等々のさまざまな意識があります。

  この意識とは、

  現状の心や体、頭の働き方から、動くこと(変化させるとき)を

  求める信号でもあります。

☆意識と不安

◎意識と不安

  人は、意識すると不安になることがあります。

  その不安の原因は、一般に、

  1.どうしてその不快な意識が起こるのかが、わからない場合です。

  また、

  2.その不快な意識を解消する方法が、わからないときです。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-301 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆例:腹部の痛みの意識のあるFさんの場合

◎痛みの意識がある

  例えば、

  Fさんは、時々、胃の痛みが起こり、

  お医者さんでは、胃の特別の異常はないと診断され、

  痛み止めをもらっていました。

  それでも、

  その痛みは、あまり好転していません。

  人は、原因をわからないと、不安になります。

  Fさんの場合も、

  その痛みの原因がわからず、

  いつ痛くなるのかもわからないので、

  不安になっていました。

<次回に続く>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です