Monthly Archives: 2月 2013

★赤ちゃん誕生の縁をつくるために2(誕生のために行った援助法)

テーマは、「おめでとうございます」です。

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >
<前回の続き>

☆センターで赤ちゃん誕生のために行った援助法は

  赤ちゃんの生まれる縁を深めるために、

  次のような体験を行っています。

◎Nさんの未来をみる

  Nさんの場合は、

  潜在意識の中に入り、

  数年後の未來を見る体験をします。

  そこにあらわれた場面は、

  Nさんと、そのそばにいる赤ちゃんの姿でした。

  Nさんの、その時の

  心、頭、体の働くベクトルは、

  赤ちゃん誕生の方向に向いていました。

  そして、現実に赤ちゃんが誕生しました。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-305 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

◎骨盤を中心に全体のバランスをとること

   ………………内的、外的なバランスをとります

  人は、その時々で体や心が変化しています。

  例えば、お腹が痛ければ、前屈姿勢になります。

  このときに、外の形(姿勢)を

  無理矢理とり、心身を整えようとしても、

  その心身のバランスをとれません。

  そのために、内的なバランスをとりながら、

  (その内的なバランスをとりつつ、)

  外的なバランスをとるようにします。

  このような体験から、

  全体のバランスをとります。

◎ポイント

  ここでの、ひとつの表現ですが、

  当センターは、

  (赤ちゃんの生まれるための)、

  母子の縁の結ばれやすいところです。

★自律神経を整える道具 その8(衣服の色と心身の働き)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用7(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター>

                  <自己開発センター>

☆今回のテーマとなる、衣服の色

  赤やオレンジ系の色を身につけてみます。

☆色と服

◎具体的な例

  赤、オレンジ系の服やシャツを着てみます。

  衣服がない場合は、

  ハンカチなどを代わりに身につけるか、

  ポケットに入れておきます。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-316 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎ポイント

  後味がよければ、そのまま身につけます。

  もし、後味が悪いとか、身につけたくないと感じれば、

  それを身につけないでください。

☆参考に

◎暖色系の色について

  心身の勢いをつけるときは、暖色系の色が有効です。

  とくに赤は、その勢いが大きくなります。

  ただし、その色は、場合によっては重心の上がる色となりますので、

  重心の上がりやすい人は、注意して身につけます。

◎赤と東洋医学的な関わり

  赤の色は、心系、小腸系に関わっています。

☆体験の後味はいかがですか

◎後味がよい

◎後味が悪い

◎とくに気分や体感の変化は、無い

★赤ちゃん誕生の縁をつくるために1

テーマは、「おめでとうございます」です。

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆赤ちゃん誕生、おめでとうございます

  昨日、

  センターにおいでになっているNさんから、電話がありました。

  「望んでいた赤ちゃんが誕生しました」とのこと。

  Nさん、おめでとうございます。

  Nさんは、他の方より、多くの努力をしているので、

  ちょっとだけお手伝いをさせていただいた私にも、

  その喜びが、電話で十分に伝わってきました。

  その後、

  私も、新しい生命の誕生をしみじみと、後味よく感じていました。

  これまでも、

  赤ちゃんが欲しいと、その望みを表現した方は、

  毎年数人いらっしゃいます。

  これまで、(当センターにおいでになった方で)、

  赤ちゃんの誕生を望む全ての方が、

  その望みをかなえられる体験しています。

  当センターは、赤ちゃんの生まれるために、

  縁起のよい場のようです。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-304 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆センターで赤ちゃん誕生のために行った援助法は

  赤ちゃんの生まれる縁を深めるために、

  次のような体験を行っています。

◎未来をみる

  これまで、センターにおいでになった方は、

  潜在意識から、未來をみてみます。

  そのときに、

  未來の中に、その方の姿と赤ちゃんの一緒にいる場面が、

  浮かんでくるとき、必ず生まれるようです。

  (これまでの当センターでの体験からですが)

<以降、次回に続く>

★自律神経を整える道具 その7(ペットボトルの活用)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用6(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター>

                  <自己開発センター>

☆今回のテーマは、ペットボトルの活用

  ペットボトルを上下に上げ、その後に下げます

☆ポイント

◎前回と異なる動き

  前回と異なる動きは、両手を内旋と外旋することです。

◎用意するもの

  ・1リットル入りペットボトルの重さを基本とします。
  
  ・空のペットボトルに水を入れて、それを活用します。

☆やり方

◎ひとつ目の両手の上げ方

  手、腕を上に挙げます。

  このときに、両腕を内側に捻り(内旋)ながら

  上に挙げ伸ばします。

◎二つめのやり方は

  もう一つは、

  両手を上げ伸ばしながら、外側に捻ります。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-315 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆参考に

◎腕や肩について

  肩は、

  体や心のつろぎや勢いに関連しています。

  また、腕は、

  頭に関連しているところもあります。

☆体験の後味はいかがですか

◎後味がよい

◎後味が悪い

◎とくに気分や体感の変化は、無い

★今回のテーマは、「意識の変化するスイッチで、痛みや不安を解消する例」です

☆中心テーマ:悩みと癖について135(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆意識の転換スイッチを入れる例

◎Mさんの例

  Mさんの場合も、お腹の痛みがありました。

  お医者さんの診断結果は、

  Fさんと同様に、

  とくに内蔵などの病気となるものはないとのことです。

  その結果、痛み止めの薬をもらって帰りました。

  とりあえずの病名をもらいましたが。

◎スイッチを入れる………………痛みと不安の意識を変えるスイッチを入れる

  Mさんの場合、

  思考や、頭部、肋骨、お腹の

  混乱とアンバランスをつくっていました。

  ここでの表現をすれば、

  このアンバランスなどを知らせるのが、

  痛みと不安の意識(信号)です。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-303 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

  そこで、

  次のような具体的な方法を行いました。

  Mさんのこの意識転換のスイッチは、左手の動きです。

  そこで、このスイッチを入れるために、

  手をスーッと上げて、意識の変化するスイッチをいれました。

  この体験の瞬間に、痛みは消えています。

  つまり、

  Mさんの痛みと不安の意識は、

  このスイッチをONすると、変化します。

◎ポイント

  意識は、

  どうしたらいいのかの材料の提供する役割を果たしています。

1 2 3 7