★今回のテーマは、不安と呼吸の苦しさの解消と、「お父さんに愛されていた」の言葉、意識です

☆中心テーマ:悩みと癖について122(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆Cさんの不安と、息苦しさは、「お父さんに愛されていた」の言葉、意識で消える体験

◎Cさんの場合

  Cさんは、不安感と、呼吸苦しさなどを、

  訴えていました。

  (一般に、自律神経失調症やパニック症などといわれる症状が、

   Cさんに起こっています)

  Cさんの場合、

  不安感や息苦しさの意識に関連した身体部位は、

  背中にあります。

  具体的には、

  背骨の中胸椎の少し上の部位が、

  前後に歪み、ちょっと陥没気味です。

◎言葉を唱える

  そこで、「お父さんに愛されていた」と何度か唱えると、

  椎骨の前後の歪みは、

  ほどけて、だんだんに少なくなってきました。

  その後、さらに、「お父さんに愛されている」と

  言葉を唱え、意識をつくると、

  息苦しさと、不安感は、消えてきました。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-289 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

◎言葉、意識と身体の共鳴現象

  この場合は、言葉を唱えることで、

  背骨の中胸椎の少し上にある背骨の周りの筋と、

  言葉(意識)の共鳴現象が起こり、

  その椎骨の周りがほどけ、

  結果的に、その歪みが消えてきました。

  (この椎骨の辺りは、

   呼吸や不安など意識に関連しているため、

   症状が消えてきたのです)

◎参考に

  Cさんのここでの体験は、

  心や体のほぐれなど、

  変化する準備のできた段階で、

  行ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です