★人の持つ”時間”について24(悩みの解決のための心や体、生活の知恵の準備)

余裕を持つ体験
今日のテーマは、約束時間で、いつもより10分の余裕をもつ体験です。

<続き>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆いつもより10分早くする

  今回のテーマは、約束の到着時間を

    いつもより10分間、早く到着するようにします。

◎ポイント

  いつも約束時間より早く目的地に着く人は、

  その時間よりも10分早く着くようにします。

  例えば、

  いつも、ギリギリに到着する人は、10分間前に、

  5分前につく人は、15分前に着くようにします。

☆参考に………………ここでは、時間を社会生活の中の道具としてみていきます

◎時間と、道具の使いこなし

  時間は道具であり、使いこなすためにあります。

  道具を使いこなせるかどうかの入り口は、

  その道具を意識的に使った回数によります。

  (国により、文化、社会によって、この時間は、さまざまな考え方がありますが)

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-295 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎ポイント

  この時間という道具に振り回されないことが、ストレスの少なくなる条件の一つです。

☆時間という道具を使った後の、体験の後味は

◎後味や気分が良い

◎後味や気分が悪い

◎後味や気分は、よくわからない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です