★先日の呼吸モーションの体験(あがりや緊張と挨拶の効用)

今回のテーマは、挨拶と呼吸モーションからの心理療法入門

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆相手の方も楽になる………空気からみる

◎挨拶を緊張の解消のために活用

  始めて会う人に、

  挨拶の時に深く頭を下げ、お辞儀をすると、

  (一般的な、場の空気からみれば)

  相手の人の緊張は、少なくなります。

  それは、

  まず挨拶すると、

  その人の重心は、下がります。

  一般に、重心が下がれば、

  緊張は少なくなります。

  挨拶した人の緊張が和らぐことで、

  場の空気が、和らぎます。

  その結果、相手の方の緊張も下がります。

  つまり

  挨拶する→ 場が和らぐ→ 相手の方の緊張も減少する

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-286 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

◎フィードバック………………空気は交流している

  人の間には、空気の交流があります。

  そのために、

  挨拶した人の緊張する空気がゆるむと、

  その空気の中にいる相手の緊張もほぐれます。

  

  相手の方のほぐれが、挨拶した方にフィードバックされます。

  挨拶する人がやわらぐ→ 相手の人も和らぐ→ 挨拶する人がさらに和らぐ

  つまり、

  相手の方のリラックスした空気が戻されて、

  挨拶した人のリラックスも、さらにつくりやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です