★悩みと癖について115(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、ひと言、余計なことを言ってしまうときです。

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆口から出てしまう場合………………意識せずに、言葉が出てしまう

◎口から出てしまう

   思ったことをそのまま言葉にする人が、います。

   表現内容を、心の中にしまっておけない人です。

   一言、多いと言われる方などです。

☆嫌われてしまう言葉の出るとき

   例えば、

   よく知らない他人で、食べ過ぎた人が、

   お腹の調子を崩し、食べ過ぎを非常に後悔し、気にしているときです。

   そのそばにいた人が、

   食べ過ぎたことだけを知って、

   「昨日、あんなに食べ過ぎたからだよ」と口に出てしまう場合です。

   話さないといられず、口から自然に言葉が、出てしまう場合です。

   (国や文化によって異なりますが)

◎もし、相手の人(食べ過ぎた人)を知っていれば

  人は、ストレスを受けると、何らかの発散をします。

  その発散や浄化が、食べることになる場合もあります。

  一般に、人は、

  この食べ過ぎた原因や調子の落としている理由を知っていると、

  (本当に悪意のある人や、役割を持っている人は別にして)

  半無意識的に、余計なことは言わなくなります。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-280 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

◎もし、自分のことを知っていれば

  人は、ストレスのたまっている状態であれば、

  何らかの発散をします。

  その方法のひとつが、

  ”ひと言余計なことを言う”ことになる場合です。

  このことを知るだけでも、表現法の変化する準備ができます。

◎ポイント

  この表現方法は、(人によりますが)

  自分の存在を保持し続けるための広い意味での智恵です。

  この特性と、表現方法が大きな問題と自覚すれば、

  その表現方法を整え、変える必要はあります。

<次回に続く>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です