★人の持つ”時間”について3(悩みの解決のための心や体、生活の知恵の準備)

時間と体感です。
今日のテーマも、”時間”と昼、夜の体感についてです。

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆昼と夜をみる体験

◎テーマ

  今日、明日に、昼と夜を、

  ”明暗などの体感”で、”時間”を意識してみます。

◎やり方………明暗から時間を意識し、自覚する

  具体的には、呼吸を整え、心静かに

  昼の明るさを感じながら

  「 昼だな 」 と意識し、自覚します。

  夜は、暗さを感じながら、

  「夜だな」 と意識し、自覚します。

  具体的に、自覚できなくとも、意識するだけで、

  身体は、反応しています。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-274 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆ポイント

◎明暗と身体変化

  この視覚的な明暗から身体的変化が起こります。

  (自覚のできる、できないにかかわらずです)

  これは、動物的、身体的に時間をわかる、

  素朴な方法です。

◎心の悩みにも関連している

  時間を身体でわかる(反応できる)、わからない(反応できない)は、

  自覚できる、できないを、別にして、非常に大切です。

  それは、

  身体バランスや、自律神経系のバランスとも、

  関連しているからです。

  つまり、

  心の悩みが起こるか、起こらないかにも関連しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です