Monthly Archives: 1月 2013

★今回のテーマは、不安と呼吸の苦しさの解消と、「お父さんに愛されていた」の言葉、意識です

☆中心テーマ:悩みと癖について122(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆Cさんの不安と、息苦しさは、「お父さんに愛されていた」の言葉、意識で消える体験

◎Cさんの場合

  Cさんは、不安感と、呼吸苦しさなどを、

  訴えていました。

  (一般に、自律神経失調症やパニック症などといわれる症状が、

   Cさんに起こっています)

  Cさんの場合、

  不安感や息苦しさの意識に関連した身体部位は、

  背中にあります。

  具体的には、

  背骨の中胸椎の少し上の部位が、

  前後に歪み、ちょっと陥没気味です。

◎言葉を唱える

  そこで、「お父さんに愛されていた」と何度か唱えると、

  椎骨の前後の歪みは、

  ほどけて、だんだんに少なくなってきました。

  その後、さらに、「お父さんに愛されている」と

  言葉を唱え、意識をつくると、

  息苦しさと、不安感は、消えてきました。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-289 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

◎言葉、意識と身体の共鳴現象

  この場合は、言葉を唱えることで、

  背骨の中胸椎の少し上にある背骨の周りの筋と、

  言葉(意識)の共鳴現象が起こり、

  その椎骨の周りがほどけ、

  結果的に、その歪みが消えてきました。

  (この椎骨の辺りは、

   呼吸や不安など意識に関連しているため、

   症状が消えてきたのです)

◎参考に

  Cさんのここでの体験は、

  心や体のほぐれなど、

  変化する準備のできた段階で、

  行ったものです。

★人の持つ”時間”について27(悩みの解決のための心や体、生活の知恵の準備)

今回のテーマは、身体の勢いをつくり、行動することです。

<続き>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆今回のテーマ

  身体を動かしてから(前屈)、必要な行動を起こす

☆やり方

◎身体を動かす(簡易型の前屈のやり方)

  今回は、前屈のポーズです。以下はそのやり方です。

  ・脚を伸ばして、座ります

  ・次に、手を前に伸ばします

  ・その手先の方向へ、息を吐きながら、十分に前屈します

◎行動の例

  ・身体を動かしてから、出勤、通学に出かけます。

  ・身体を動かしてから、買い物に出かけます。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-298 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆ポイント………動きやすくするために

◎動けるようになるために (生理面からみると)

  動き始めるには、身体を動かし、体温を上げることです。

◎今回の前屈のポイント

  膝の裏、腰、首、後頭部を伸ばすことです。

☆全体の体験の後味は、いかがですか

◎後味や気分が良い

◎後味や気分が悪い

◎後味や気分は、よくわからない

★今回のテーマは、身体の痛みの解消と、ありがとうという言葉についてです

中心テーマ:悩みと癖について121(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆ありがとうという言葉の効用

◎背中の痛みと言葉

  Aさんは、前屈をすると、

  以前に比べ、前に曲がりにくくなっていました。

  少し、多めに前に曲げようとすると、

  背中(中胸椎)に痛みが起こります。

  そこで、

  心の中で、「ありがとう」と唱えました。

  その後、背中の痛みが消え、

  さらに前屈で、背中がよく曲がるようになりました。

◎ありがとうという言葉と背骨

  Aさんは、

  その前屈をする前に、

  「ありがとう」と唱えていると、

  背中の中胸椎の歪みは、スルスルとまっすぐに伸びてきました。

  言葉と、背骨(筋)が関連し、共鳴現象を起こしています。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-288 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆参考に

◎ポイント………………共鳴現象

  Aさんの場合、

  「ありがとう」と言葉にすると、

  その言葉と、背骨を整える筋が、

  共鳴現象を起こし、背骨の歪みがととのってきます。

  (気の流れが変化しました)

  その結果、背中の痛みなどが消えました。

★人の持つ”時間”について26(悩みの解決のための心や体、生活の知恵の準備)

今日のテーマは、選択して、早めに始め、早めに終わらせます。

<続き>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆今回のテーマは、一つ体験を選択し、早く行ってみる

◎選択する

  本日、(やってみようとするものの中の)一つを選択して、

  体験します。

◎早めに始めて、早めに終わらせる

  選択した体験を、早めに始めて、早めに終わらせます。

  選択したもの以外は、通常通りに行います。

☆例

◎家事

  ・買い物や料理の時間を選択する

  ・掃除の時間を選択する

◎仕事

  ・作業

◎勉強

◎その他

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-297 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆やり方ポイント

◎ポイント

  本日の行うものを書き出すか、思い浮かべ、その中の一つを選択します。

◎選択したものを行う

  早めに始め、早めに終わらせます。

◎その後は、のんびりする

☆時間という道具を使った後の、体験の後味は

◎後味や気分が良い
◎後味や気分が悪い

◎後味や気分は、よくわからない

★悩みと癖について120(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、ありがとうと等、ひと言、言葉の出るときです。

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆出てくる言葉について

◎二人の違い

  ”一言多い”人と言われ、余計なことを口にしてしまう人と、

  「ありがとう」、「よかった」、「助かった」などの表現の多い人がいます。

  どちらの方も、言葉が、反射的に出てしまいます。

  この両者の基本的な違いは、

  精神的なエネルギーの大きさの違いです。

◎ありがとうの言葉と精神的なエネルギー

  「ありがとう」という言葉が、

  いつでも、どこでも出てしまう人がいます。

  このような方は、一般に、

  精神的エネルギーの大きい人です。

  ここで、

  精神的なエネルギーの大きさとは、

  広い意味での心の余裕の大きさです。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-287 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

◎ありがとうという言葉

  ありがとうという言葉の意味は、

  日本語を知らないアメリカ人にわかりません。

  それでも、その言葉を表現すると、

  何を伝えようとしているのかをわかるアメリカ人もいます。

  なんとなくわかるのは、表現者の態度であったり、

  言葉の口調、リズムであったりします。

  ここでは、この表現者のあらわし、

  伝えるものを空気といいます。

  この空気の伝わり方の基本は、振動であり、リズムです。

  ここで、

  心の余裕のある方は、

  この空気が、なめらかであったり、リズミカルです。

1 2 3 12