★悩みと癖について97(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、相手のパーソナルスペースの内外を知る、わかることについてです。
<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆相手の方の気分や感覚を知ること: 相手のエリアにはいるときの相手の感覚や気分

   ………… 一般の悩みの深くない人が、人間関係や営業などで応用するために

◎エリアの内にはいるとき………………相手の空気を知るために

  相手の人が、心優しい人の場合や

  人を受け入れやすいタイプの場合があります。

  この人のエリアの内に、他の人が入ると、

  さまざまなことを感じます。

  (一般に、優しい人、無口な人ほど感じたりします)

  例えば、このタイプの人は、一般に、

  感覚と思考がよく働きます。

  そのため、特定の人が近づくとき、

  強く感じること、思考することから、

  快適感や、不快感の大きく現れることがあります。

  もちろん、何も感じない場合も多いのですが。

◎快になるとき

  人は、空気のリズムが同調するときに、

  広い意味での快や納得感があらわれます。

  これは、タイプによらず、あらわれることですが。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-258 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

◎エリアの範囲は、相乗作用でつくられる

  このパーソナルスペースは、相互につくります。

  そのために、

  一方の人の空気が変われば、

  その相乗効果でつくられる空気のエリアの範囲は変わってきます。

◎体験時のコツ

  ここでの体験は、あまり考えたり、思うものではありません。

  この体験を行うときは、

  気楽に、場合によっては、ちょっとだけいい加減に行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です