★悩みと癖について95(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、柔らかい空気を持つ人の応用です。
<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆今回の特徴をもつ方の基本対策の例

   ………… 一般の悩みの深くない人が、人間関係や営業などで応用するために

◎基本

  今回は、やさしさを持つ方や、空気の柔らかい方が、

  人との間で起こる問題の基本対策です。

◎基本対策 : 意識的に行うこと

  まず、意識的に相手に近づくことです。

  例えば、心の近づきというよりも、

  実際の形、つまり相手との距離をちょっと狭めてみることです。

  ここでの対象となる方は、相手に違和感や威圧感を与えたりしませんので、

  前に出ることができれば、相手に半歩近づくことです。

  (ただし、相手の方のパーソナルスペースも関連しますが)

  そして、挨拶をすることです。

◎参考に

  パーソナルスペースとは、人の身体の周りにあり、

  自分の一部と感じている場で、一種の縄張りのようなものです。

  これまでのブログで書かれているのは、以下のサイトにあります。
  ただし、ここでは、パーソナルスペースをパーソナルスペースと書かれています。
  参考エリア: http://www.ysdc.net/page8.php?category=27

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-256 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

◎リラックス

  相手に近づく方は、リラックスのできるようにすれば、

  ここでの体験は、さらにうまくできるようになります。

◎上記の体験ができない時

  緊張が大きいとか、

  疲労やストレスが大きくなっている場合は、

  緊張を解消すること、

  疲労やストレスを解消することです。

  もし、緊張が大き過ぎて、その緊張を解消ができないとか、

  疲労やストレスを解消できない時、

  極度に心身のエネルギーの低下している時は、

  カウンセラーや心理療法家などの専門家に援助を求めることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です