★悩みと癖について84(心と体の法則:調和性と自由性の働き):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、心身の元にある働きについてです。
<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆当センターで行っている方法………………今回は、理屈なので読み飛ばしてもOKです

◎変化しつつ、バランスをとっている

  センターで行っている方法は、

  人の根底にもつ、”自由性”と”調和性”の働きを活用します。

  具体的には、両者のバランスをとります。

  その方法は、非常にシンプルな方法の積み重ねを行います。

  (具体的な内容は、次回以降に解説します)

◎参考に

  自由性の特性は、変化や動きに、

  制限のないこと、少ないことです。

  調和性の特性は、形をつくる特性です。

  さらに言えば、形をつくるために、

  制限をつくることでもあります。

☆生きている人の特性は

◎動いていること

  人の体、心、頭は、変化しつつバランスをとっています。

  別の表現をすれば、バランスをとりつつ動いています。

  つまり、

  動きのあること、変化していることが、自然です。

◎悩みの原因

  心の悩みとは、悩みの状態に固定している状態です。

  動いていない状態でもあります。

  そのため、

  心の悩みをシンプルに表現すれば、

  悩んでいる状態から動くことです。

  具体的な表現をすれば、

  不安や憂うつな状態から、不安のない状態などに変化することです。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-245 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

◎ポイント

  この考え方を、

  FHS(流動的調和の仕組み、システム)と言います。

  この仕組みは、

  流れ動きながら調和しているという意味合いになります。

  あるいは、変化しつつ、その時の形を持っているという意味合いでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です