★悩みと癖について82(心と体の法則:調和性と自由性の働き):サイコセラピーヨガ&ヨガ(気)催眠

今回のテーマは、内や外との間で起こる、関わり方の基本です。
<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆自由性と調和性の働き

  人の持つ働きの根底に、

  自由性の欲求と、調和性の欲求の二つの働きがあります。

◎自由性

  自由性の欲求とは、自由気ままに動きたい、

  生活したいという求めです。

  何の制限も受けず、自由に動きたい生活したいという欲求です。

  動物的、生物的な面からの欲求です。

  あるいは、体からの欲求です。

◎調和性

  もう一つの働きは

  調和性といいます。

  この働きは、場に合うようにする、対象と一体化する欲求です。

  一般には、社会性、集団欲求などの場に関連した欲求です。

  具体的には、

  家庭とか、会社、社会に合う能力を高めることです。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-243 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

◎両者の調和………自由性と調和のバランス

  気まま、好き勝手に生活しても、

  社会でうまく生活することはできません。

  でも、周りに合わせているだけでは、

  内なる欲求を抑え込んでしまいます。

  そこで、調和性が必要です。

  この両者の調和をすることで、

  ほどよくうまく生活を送ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です