★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント79(内観法の吉本先生の思いで)

今回のテーマは、内観法の吉本伊信先生とオナラの思い出です。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆オナラで、体験したことを思い出しました

  昨日、オナラの話を書いているうちに、

  内観法創始者の故、吉本伊信先生を思い出しました。

  私が、数十年前のお正月に、

  奈良にある内観道場に、おうかがいしたときのことです。

  道場におうかがいすると、すぐに先生に呼ばれ、

  お部屋にはいると、

  そこは八畳くらいの部屋で、真ん中にこたつがありました。

  部屋には、吉本先生と、奥様がこたつに入っていました。

  「鈴木君、こたつに入りなさい」。

  「ミカンを食べなさい」と、ちょっと高い声で話した後、

  ぶーっとオナラを一発。

  部屋の空気が、ほどけるように変わりました。

  (体の調子から、オナラが出やすくなっていたそうです。)

  きさくで、飾らずに、ほぐれる吉本先生とお部屋でした。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-234 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆ポイント

  内観法とは、吉本先生が禅の研究からつくられた、

  一種の自己開発法です。

  この方法は、日本でつくられた心理療法、自己開発法で、

  日本発の世界的に有名な二つの方法がありますが、そのうちのひとつです。

  進め方は、

  人の内にある両親(中心)との関わりをみることを通じて、

  自己開発を行っていきます。

  心理学的にも、親、とくに母親は、

  その人の心の中に占める割合は、大きいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です