★悩みと癖について59(心の法則:努力逆転の法則を外れる時):サイコセラピーヨガ&ヨガ(気)催眠

今回のテーマは、心の働きの中で、努力逆転の法則の世界から脱出するためのコツです。
<続き>

                                 <自己開発センター>

                                  <自己開発センター >

☆三つの働き(伸縮緩)………………………………バランスが必要

◎努力逆転の法則の世界と伸縮緩

  ものが上から落ちる、重力の法則は、

  宇宙のどこでも起こる法則ではありません。

  この法則は、地球上という限定された世界で働く法則です。

  努力逆転の法則の起こる世界も、

  全ての世界で起こるわけではありません。

  あくまでも、ある限定された世界の中で起こります。

◎努力逆転の法則

  頭や心の中で、「やるべき、でもやりたくない」

  などの意識の働きが起こることがあります。

  このようなときに、「やるべき」という意識を持とうとすると、

  「でもやりたくない」という意識が大きくなります。

  このように、

  努力逆転の法則とは、

  二つ以上の意識の働きが対立し、戦うときに起こる法則です。

☆意識の世界と身体の”伸縮緩”

◎意識の対立と調和………………………………努力逆転の世界と伸縮緩

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-220 )
         ( http://www.ysdc.net/ )

  心身の”伸縮緩”の変化が起こると、

  意識は、対立したり、調和するようになります。

  例えば、変化の仕方により、次のような結果が生まれます。

  伸縮緩の変化→ 意識の変化→ 努力逆転の法則の働く世界に入る

  伸縮緩の変化→ 意識の変化→ 努力逆転の法則の働く世界から離れる

   等の結果が現れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です