★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント解説57(カゼやうつ状態が長引く仕組みは:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

★安定タイプのために、変化力を高めるコツ

今回のテーマは、安定タイプのために、変化力を高めるコツです。
<続く>

                    <自己開発センター>

                    <自己開発センター >

☆変化力を高めること

◎変化のできる仕組みをつくるために

  安定タイプの方は、

  頭や心の切り換え、

  次の場や新しい場、状況に対応すること等が

  不得意です。

  そのため、
  心や体、行動の問題の続くことがあります。

  このような場合、

  対策は、

  問題の状態から変化できるコツを身につけることや、

  その変化のための特性や能力を高める必要があります。

  以下は、そのための具体的な例です。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-212 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆いつもと異なる体験をすること

◎明日からの体験例………………朝起きたとき

  いつもの目覚めたあとと、異なることをします。

  例えば、

  布団をたたんで、顔を洗い、歯を磨き、

  食事をする流れのある方の場合は、

  その流れと異なる体験をします。

  具体的には、
  洗顔と、歯を磨くことの順序を反対にします。

  これだけで良いんですね。

◎ポイント

  異なる体験を数日から、一週間続けます。

  その後に、次の異なることを行います。

  例えば、

  洗顔や歯磨きを終わった後に、

  布団をたたむことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です