★悩みと癖について51(暗示の効果的なコツ):サイコセラピーヨガ&気(波動)催眠

今回のテーマは、暗示の特性を効果的に使う基本です。
<続き>

                              <自己開発センター>

                              <自己開発センター >

☆効果的に動けるコツ

◎よりスムーズに動くための基本

  人が動くときに、

  よりスムーズに動くためのコツがさまざまあります。

  例えば、

  前に歩こうとしているときに、
  
  軽く後ろから前に押してもらうことです。

  それによって、前に、簡単に進めるようになります。

  あるいは、

  どちらの方向にも動きやすくなっているとき、

  軽く押してもらうと、自然に第一歩が現れます。

◎ポイント

  上記と反対に、後ろに歩こうとするとき、

  後ろから、前に押すと、不要な力が必要です。

  つまり、意識の押し合いや引き合う力が

  働き合うと、その動く力は減少します。

☆暗示の効果的な使い方

◎暗示の効果的な使い方の例………………同じ方向に向く暗示が効果的

  上記のように、意識の働く法則がありますので、

  暗示の効果的な使い方にも、同様なことが言えます。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-212 )
        ( http://www.ysdc.net/ )

  例えば、

  頭や心の向き(ベクトル方向)が、

  不安な方向に向きやすくなっているときに、

  不安であると唱えれば、すぐに潜在意識は、不安な方向に向いてしまいます。

  また、
  安心の方向に向かい始めているとき、

  安心であると唱えれば、潜在意識は、安心の方向に向かいます。

◎キーポイント

  ここでの方法は、

  意識の向かう方向を見つけて、

  協力する方法です。

  簡単に言えば、

  意識が、安心する方向に向かっているときに、

  安心するという暗示が効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です