★悩みと癖について35(事実が見えなくなるとき):サイコセラピーヨガ&ヨガ(気)催眠

今回のテーマは、前回の続きで、手の痛みと、事実をみえるとき見えないときです。

                       <自己開発センター>

                       <自己開発センター >

<前回の続き>

☆赤紙と白紙が見えるとき、見えなくなるとき

◎赤紙の見えるとき、意識のあるとき………………今この時点で重要なことと、問題

  ここで、Aさんの悩みは、

  表面的なところからみると、

  二つの問題が隠れています。

  ひとつは、

  最初に訴えていたことで、

  ”服の着替えができず困っていること”です。

  これが、赤紙に相当します。

◎赤紙の見えなくなるときに、意識も消えるとき

  一つの問題が解決したのですが、

  次の
  もうひとつの問題が現れました。

  それは、
  ”腕を上方向に極度に伸ばすと、痛みがあるとのこと”です。

  (そばにいた方が、

   そこまで強く伸ばせば、ほとんどの人が痛いのでは、

   と小声で話していましたが)

  このとき、二つの意識は、消えていました。

………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-196 )
           ( http://www.ysdc.net/ )

  ひとつは、

  ”衣服の着替えができなかったこと”の意識と、

  もうひとつは、

  ”現在は、問題の着替えができるようになったこと”の意識です。

  つまり、
  問題の変化したことを自覚する意識が、

  消えていました。

☆ポイント

◎参考に

  つまり、

  赤紙の消えた事実をわからなくなり、

  白紙だけを見ていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です