★悩みと癖について19(サイコセラピーヨガ&ヨガ催眠)

今回のテーマは、意味からみていきます。
<前回の続き>

                                  <自己開発センター>

                                  <自己開発センター >

◎肩こりのある方の体験

  Jさんは、大きな肩こりが長年つづき、

  指圧、マッサージ、整体に通ったり、運動もしていましたが、

  なかなかそのこりがとれませんでした。

  その肩こりは、時々痛みとなっていたようです。

  Jさんは、くつろいで、瞑目しているとき、
  すでに、亡くなっているお母さんが浮かびました。

  そのお母さんの表情は、穏やかな笑顔です。

  そのときに、「ありがとう」という言葉が、

  フーッと浮かんできました。

  くつろぎから、覚醒状態に戻り、

  感想を聞くと、
  Jさんは、「肩が楽になっています」とのことです。

  さらに、
  「お母さんの笑顔を思い出すために、肩こりがつづいていたみたいです」
  とのことでした。

 ◎意味からみるとき

  Jさんの肩こりは、単にリラックスで解消するのではなく、

  母親を思い出す、象徴的な意味があったようです。

  その後、生活の中で起こる肩こりは、

  母親を何となく思い出すと、消えていきました。

  (母親が浮かぶとき以外で、肩はほぐれません)

  人の体は、凝っているからといって、指圧やマッサージだけでなく、

  このような意味をわかると、こりも消えていきます。

………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-180 )
      ( http://www.ysdc.net/ )

 ◎ポイント

  肩こりは、肩の筋の萎縮ですから、

  運動や体操、マッサージで

  この筋をほぐせば、ほぐれるはずです。

  でも、
  人の体は、この理屈通りにいきません。

  Jさんの肩こりは、
  身体からだけほぐそうとすると、ズレになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です