★悩みと癖について15(ものの見方とズレについて)

今回のテーマも、見方と基準についてです。
<前回の続き>

                                    <自己開発センター>

                                    <自己開発センター >

☆基準とズレの有無(前回の続き)

 ◎高さの基準を決めること

   身長の高低で言い争うときに、

   基準を決めてしまえば、争う材料はなくなります。

  例えば、背が高い低いと言うよりも、

   背の高さが、170CM以上を高い、それ以下を低いと決めれば、

   会話の中の不快なズレもなくなります。

◎”何を基準にするのか”を決めること………………ズレについて

   前回の例で、
  Bさんの身長が、高い、低いをみる場合は、
  次のような基準を決めて、みることです。

・Bさんの中学の時の身長を基準にするのか、

   それとも、

   ・今の世の中の統計的に見た、標準身長と比べるのか、

   です。

  ここでは、どちらが基準になるかによって、
  答えが変わってきます。

  さまざまな心の問題の起こる場合も、この基準の違いにより、

   両者のずれが、原因のときがあります。

◎参考に

  心や頭のズレだけでなく、身体のズレも心の問題に関わってきます。

  このときにキーポイントも、基準です。

  ………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-176 )
      ( http://www.ysdc.net/ )

☆ポイント………………心の問題

 ◎浅い心の問題の対処法として

   ・それほど深い心の問題でなければ、

    このような基準を決めれば、
   問題が軽くなるか、無くなります。

 ◎整理法が不得意な場合の対処法として

   ここでの例のような思考や整理が不得意なために、

    頭がゴチャゴチャしたり、

    心の深い問題を起こしている場合があります。

    このような場合のひとつの方法は、

    基準をつくり、

    みる思考方法を身につけることです。

   身につけるとは、体験の繰り返しを行うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です