★悩み解決の原理の一つ(TP)3………再現性とトラウマと未来の意識

<続き>
今回のテーマも、悩みの解決のための刺激とTPについての例です。

                     <自己開発センター>

                     <自己開発センター >

☆悩みの解決と二つのTP(ターニングポイント)

 ◎変化させるTP

   悩みの解決の入り口は、悩みの変化です。

   この段階でのTPがあります。

   このTPを応用すれば、
   悩みの症状は、瞬間に消えることもあります。

   例えば、痛みや不安が、その場で消えてしまう等です。

 ◎安定のために………………悩みをつくる仕組みを変えること

   次の段階で、
   その変化した状態を安定させるための方法が、必要です。

   (その安定の基本は、再現する働きを活かすことです)

   長く続く心の悩みや、深い心の悩みは、
   その悩みを再現する仕組みがつくられています。

   このような場合は、仕組みを変えることが必要です。

   なぜかと言えば、
   悩みが良くなっても、
   その後、何度でも悩みが起こるからです。

   (一般に、
    悩みの深い問題、広い問題ほど、
    この仕組みをほどくことが重要です)

 ◎仕組みを変える例

   この仕組みを変える方法は、
   さまざまあります。

   これまでも、
   その仕組みを変えるための方法を解説しました。

   今回は、
   その仕組みの変化させる方法で、わかりやすいものを一つあげれば、

   生活の仕方、あるいは生活の中です。

  ………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-159 )
             ( http://www.ysdc.net/ )

☆安定のために…………生活の仕方により、仕組みの基本を変えることもできます。

 ◎生活の中のTP

   この生活の中に、
   ひとつひとつは小さな影響を与えるもので、
   さまざまなTPがあります。

   例えば、風呂にはいると、疲れが抜ける等です。
   (疲れが大きくなると、お風呂は疲れが出てきますが)

   この生活の中にあるTPは、
   悩みの解決からみれば、小さな働きですが、

   全体的からみると、毎日のことなので、
   結果として、大きな働きになります。

 ◎ポイント

   悩みを再現することから、
   悩みを解消する仕組みに変換させるためのコツがあります。

    悩みを再現する仕組み → 心の悩みを再現しない仕組み

    悩みの無い状態を再現する仕組み → 心の安定

   生活の中のTPの一つ一つの働きは、
   小さいのですが、

   全体として大きな働きとなります。

   その結果、心身の安定する能力が高まります。

   (つまり、再現する能力を活用するには、
    生活の中のTPを整えることです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です