Monthly Archives: 7月 2012

★ウインドウズセラピー原理:「家族との関わりと、腕の痛みの解決」の例………見通せるようになるために

<続き>
今回のテーマは、見通すための方法です。

                          <自己開発センター>

                          <自己開発センター >

☆腕の痛みを解消する例:

 ◎不満のあることと、腕の痛み

   ここでは、
   腕の痛みのあるKさんについて、みてみます。

   Kさんは、最近、左腕の痛みを感じるようになっていました。

   (特別に身体の構造異常や病的なものは、ないとのこと)

   このKさんの痛みの原因を簡単に言えば、

   不満の意識が、左腕の痛みをつくっていました。

 ◎痛みの解消

   Kさんの痛みは、
   (不満からつくるエネルギーで選択した)窓を変えることで、

   左上腕部の痛みは、解消されました。

 ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-119 )
       ( http://www.ysdc.net/ )

☆参考に1

 ◎痛みを窓からみると

   ここでの表現でみると、

   Kさんの腕の痛みは、
   その痛みのみえる窓からみています。

   ここで、
   ”身近な人への不満”のエネルギーは、
   みる窓を選択します。

   Kさんの場合、
   このエネルギーが
   腕の痛みのみえる窓を選択しました。

   (別の表現をすると、身近な人への不満の意識が、
    関連した身体の痛みの意識をつくっていました)

☆参考に2

 ◎身体意識と心理的な意識について

   身体意識と、心理的な意識はつながっています。

   そのため、身体意識を変化すると、心理的な意識も変化します。

   とくに、反応の大きいところ、
   つながりや関連の大きいところが変化し、

   その痛みをつくります。

   あるいは、
   その痛みを解消します。

 ◎ご注意

   ここで言う腕の痛みの解消は、当たり前のことですが、

   特別な病気などを含め、身体の外科的な異常で起こっている場合を
   除きます。

★今日のコーヒータイム:やってみよう:人の変わる一言ヒント(呼吸):

今回のテーマも、呼吸です。

「右鼻で呼吸をしてみます」

です。

☆参考に

 ◎左右の鼻は、頭の働きに関連しています。

 ◎鼻の呼吸は、自律系のバランスを取るときに有効な方法です。

  ………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-114 )
          ( http://www.ysdc.net/page50.php

☆やり方

 ◎右鼻呼吸のやり方

   右手の第二指で左鼻を押さえて、呼吸をします。

   次に、左手の第二指で、左鼻を押さえて、呼吸します。

 ◎回数

   右手、左手で鼻を押さえ呼吸するのは10回ずつ行います。

☆気分や納得はどうですか

 体験の最中や後で、
  自分の気分や納得感は、どうですか。

 ◎何も感じない

 ◎スッキリした、ホッとした(または、後味が良い)

 ◎不快な感じがある(または、後味が悪い)

 ◎その他