Monthly Archives: 7月 2012

★ウインドウズセラピー原理と親との関わりの例………見通せるようになるために

<続き>
今回のテーマは、見通すための方法です。

                          <自己開発センター>

                          <自己開発センター >

☆見通しと、体験……………………自己の幅や体験が多いとみえる

 ◎例:親(一般的)の怒りの体験の後で、優しさの体験した子供は

   子供が、親の怒りの体験のみを自覚していれば、
   親の怒りの後、あるいは奥にあるものが見えにくくなります。

   ところが、
   その怒りの後(時間的)に、親の優しさにふれる体験があると、

   親の持つ心をみえやすくなります。

   この体験は、
   空の雲の上にある青空をみえる体験になります。

 ◎雲の上の青空の世界は、実体験から

   空の雲のみえる窓から、

   雲の上の世界、つまり雲の無い、
   青空の世界を窓からみえるようになります。

   ここで、雲のみえる世界は、
   親の怒りのみえる(窓から)世界です。

   ところが、
   雲の上の世界は、
   青空の世界です。

   この窓からみえる世界は、親の怒りの無い世界になります。

  (ここでの例は、親の怒りが空の雲であり、
            その雲のさらに上は、晴れているという親の優しさです)

 ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-117 )
        ( http://www.ysdc.net/ )

☆ポイント

 ◎ここで言う親は、シンボル

   ここで言う親とは、

   実際の親はもちろんのこと、叔父さん叔母さん、先輩、上司、学校の先生等、
   社会的先輩をあらわすシンボルです。

   つまり、
   実際の親と言うよりも、親という名のシンボルです。

★人の変わる一言ヒント:やってみよう:今日のコーヒータイム:

今回のテーマも、呼吸です。

「口元を締めて、

    鼻で呼吸してみましょう」

です。

☆やり方

 ◎口元を締めること

   この体験は、口の周りを緊張させるのではなく、
   顎の周りをちょっと充実させる感じです。

  ………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-112 )
          ( http://www.ysdc.net/page50.php

☆参考に

 ◎チェックとしてやってみます

   今回の呼吸を行って快となれば、心身が緩んでいます。

   大切なことを行うときに、このような呼吸を行ってみます。

 ◎自覚があれば

   体や気持ちが緩んでいて、気分良くないときは、
   今回の呼吸をしてみましょう。

   うまくできれば、後味のよい体験となります。

☆気分や納得はどうですか

 体験の最中や後で、
  自分の気分や納得感は、どうですか。

 ◎何も感じない

 ◎スッキリした、ホッとした(または、後味が良い)

 ◎スッキリしない(または、後味が悪い)

 ◎不快な感じがある(または、後味が悪い)

 ◎体験をしたという達成感がある(後味がよい)

 ◎その他