Monthly Archives: 7月 2012

★嫌いな人と”窓”について:人の変わる窓とヒント:窓療法(ウインドウズセラピー):

<続き>
今回のテーマは、窓療法(ウインドウズセラピー)についてです。

                         <自己開発センター>

                         <自己開発センター >

☆意識すること

 ◎意識について

   意識の中には、さまざまな意識があります。

   例えば、疲れているとき、

   買い物の最中に、お店の店員さんがニコッと笑顔を送ってくれると、
   ホッとして、安心感があらわれます。

   私たちは、こんなときに、ホッとした意識、安心感の意識、
   などを体験します。

   その逆に、
   電車内で、足を踏まれ、無視されていると

   不快さ、イヤな感じの意識が起こります。

   面倒な仕事を不快のまま繰り返せば、
   嫌いという意識が浮かんできます。

   このように、
   日常生活の中で起こる意識は、さまざまです。

 ◎好き、嫌いの例

   人は、美味しい食べ物を前にすると、
   美味しそう、食べたい等の意識があらわれます。

   食べてみて、
   満足すれば、一般にその食べ物を好きになります。

   まずいと判断したり認識すれば、
   次の回には、食べたくなくなりますし、

   嫌いという認識や判断をしやすくなります。

    (その時に、たまたま、お腹の調子が悪くてもです。

     好き嫌いの意識は、
     さまざまな条件の中で、起こってきます)

 ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-113 )
         (http://www.ysdc.net/ )

☆意識と箱

 ◎意識の入っている箱

   人のさまざまな意識は、
   その意識の詰まった箱の中にあります。

   一般の私たちのもつ箱の中には、
   嫌いになる意識と好きになる意識があります。

   この二つの意識は、好きな窓と、嫌いな窓から見ることができます。

   今回の例で言えば、嫌いな窓から見ていることになります。

 ◎ポイント………………箱の中をみること

   ここで言う箱には、窓があります。

   この窓から、
   意識の入っている箱の中をみることを、
   窓からみるといいます。

<続く>

★人の変わる一言ヒント:やってみよう:今日のコーヒータイム:

今回のテーマも、気持ちをちょっと締めてみます。

「背骨を立てて、

    口元を締めてみます」

です。

☆参考に

 ◎不快症状について

   気持ちに不快なものがあるとき、
   心身の弛みが影響していることもあります。

   このような不快な気分を変えたいときに、
   行う一つコツです。

  ………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-108 )
          ( http://www.ysdc.net/page50.php

 ◎気持ちがシャンとする

   気持ちをシャキッとするための一つのポイントは、
   背骨と口元です。

   (気持ちをシャキッとは、良き緊張をすることです。)

☆ポイント

 ◎呼吸について

   呼吸を止めないようにします。

☆気分や納得はどうですか

 体験の最中や後で、
  自分の気分や納得感は、どうですか。

 ◎何も感じない

 ◎スッキリした、ホッとした(または、後味が良い)

 ◎スッキリしない(または、後味が悪い)

 ◎不快な感じがある(または、後味が悪い)

 ◎体験をしたという達成感がある(後味がよい)

 ◎その他