Monthly Archives: 7月 2012

★嫌いな人を少なくする方法:人の変わる窓とヒント:窓療法(ウインドウズセラピー):

<続き>
今回のテーマは、窓の療法(ウインドウズセラピー)についてです。

                         <自己開発センター>

                         <自己開発センター >

☆窓の療法について………ウインドウズセラピーについて

 ◎具体的な例………………嫌いな人と窓

   Aさんは、嫌いな人がいます。

   気が合わないと言うよりも、
   生理的に不快であるために、ひと言で言えば嫌いだそうです。

   Aさんは、嫌いなBさんを思い出すだけで、鳥肌が立ってきます。

   Aさんは、Bさんと同じ職場なので、
   不要なストレスを過剰にため込んでいました。

 ◎好き嫌いも窓から見たもの

   人は、一般的に、一つの窓から見ています。

   その窓から見えるもの以外を見えません。
 

   シンプルに言えば、
   今回のAさんは、Bさんの嫌いなところのみえる窓からみています。

   嫌いな窓から見ているのですから、
   当然、嫌いという意識が現れます。

   このように、
   人は、見ている窓によって、
   感じ方や思い方は変化してきます。

 ◎Aさんの具体的な対策………………Aさんのみる窓を変える

   ここでは、
   Aさんの”これまでみていた窓の位置を変える”ために、
   窓の療法を行いました。

   具体的には、
   Aさんの体のバランスを整え、お腹を整える体験を行いました。

   Aさんは、この体験を行うと、
   それまでのBさんに対する嫌いな感情や
   それに付随する不快さが消えてきました。

   もちろん、これで全て完了ではなく、
   嫌いになる心、頭、体の仕組みを変えることで、
   真に、この心の問題が解決されます。

 ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-112 )
        (http://www.ysdc.net/ )

☆窓の療法について………ウインドウズセラピー

 ◎ウインドウズセラピー

   ここで言う”窓”を活用して、悩みの解決や自己開発を行う方法を
   ウインドウズセラピーといいます。

 ◎Aさんの場合

   例で登場したAさんの場合は、
   嫌いな感情や思考の意識が変化しました。

   このAさんの体験は、
   これまでみていた窓(意識空間)の変化をつくり、

   自覚する意識の変化をつくります。

<続く>

★人の変わる一言ヒント:やってみよう:今日のコーヒータイム:

今回のテーマも、呼吸です。

「鼻で呼吸してみましょう」

です。

  ………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-107 )
          ( http://www.ysdc.net/page50.php

☆やり方

 ◎できる範囲で行います。

☆参考に

 ◎鼻が詰まって、呼吸のしにくい場合は、

   口呼吸を数回行い、その後に鼻呼吸を行います。

   この呼吸から、鼻呼吸になれていきます。

◎ポイント

   鼻のつまりは、
   体のアンバランスや心理的な引っかかりも影響します。

   そのため、体や心などのバランスを取る必要もあります。

☆気分や納得はどうですか

 体験の最中や後で、
  自分の気分や納得感は、どうですか。

 ◎何も感じない

 ◎スッキリした、ホッとした(または、後味が良い)

 ◎不快な感じがある(または、後味が悪い)

 ◎安心する、不安になる

 ◎その他