Monthly Archives: 7月 2012

★あがり症、緊張症、パニック障害などとサイコセラピーヨガ催眠………上虚下実について

<続き>

今回のテーマは、緊張やあがり、興奮、パニック症等の解決の基本についてです。

                    <自己開発センター>

                    <自己開発センター >

☆上虚下実

 心身、頭の安定した状態を上虚下実といいます。

 ◎虚と実について

   ・虚とは、 (緊張の) 無いこと、リラックス、力の抜けていること

   ・実とは、 (充実の) あること、

     です。

 ◎上虚下実

   ここで、上虚下実について、簡単に説明します。

   上虚とは、上体が虚、つまり不要な力の入っていないこと、

   下実とは、下体が実、つまり充実していることです。

   このような身体状態が、生活の中でのリラックスした状態です。

   あるいは、心身の安定しやすい状態です。

 ◎ポイント

   多くの心の悩みや問題は、この上虚下実をつくれれば、
   解決されやすくなります。

   例えば、緊張症、あがり症から、パニック、興奮性のさまざまな問題、
   あるいは、
   擬似的な多重人格も上虚下実と異なる状態になっています。

☆具体的な例1:緊張の場合

 ◎人前で緊張、興奮する場合

   人前が、不得意で、緊張する場合は、
   ここでの表現をすれば、肩や腕などが緊張しやすくなっています。

   このような肩は、”上実”となっています。

   さらに緊張感が高かったり、不安感が表れる方は、
   ”下虚”となっています。

   この状態が、緊張しやすい方の身体的な状態です。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-102 )
            (http://www.ysdc.net/ )

 ◎対策

   このような場合の対策は、

    上体に力が入っている(実) → リラックスさせる(虚にする)

   次に、

   下体の力が抜けている(虚) → 充実させる(実にする)
 

    このように、身体を変えると、緊張やあがり、パニックなどの症状などの
    心の問題は、消えやすくなるか、消えてきます。

★人の変わる一言ヒント:やってみよう:今日のコーヒータイム:

今回のテーマは、歩くことです。

「両膝をつけたまま、歩いてみましょう」

です。

☆参考に

 ◎歩き方と自由、不自由の体験

   両膝をつけたまま歩くのは、
   慣れないと非常に不自然で、不自由です。

   ここで、
   自由さの基本をわかるために、
   この不自由な体験をしてみましょう。

  ………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-95 )
       ( http://www.ysdc.net/page50.php

☆頭や心の感じたこと、思うこと、気づいたこと
  ……あなたはどんな事が、頭や心に浮かびますか、気づきがありますか?

  * 「面倒くさいナー」という思いが浮かぶ

  * 「嫌だイヤだ」という感情が浮かぶ

  * 「こんなに不自由なのか」という思いが浮かぶ

  * 「これはおもしろい体験だ」という思いが浮かぶ

  * 「バランスをとるために、反対の手も使ってみよう」

  * その他