Monthly Archives: 7月 2012

★怒りと陰陽の陽とサイコセラピーヨガ催眠……………頭の興奮などからの悩みの解決のヒント

<続き>

今回のテーマは、頭が熱くなる原因と、心身を整えるヒントです。

                    <自己開発センター>

                    <自己開発センター >

☆不要な熱さをつくらなくするために

 ◎熱くなる(陽の刺激)

   身体を速く動かすと、血行はよくなり、
   身体は熱くなります。

 ◎頭が熱くなる場合(頭が陽になりすぎる場合)

   人は、興奮すると、
   実際に頭に血が上る状態となり、

   頭の熱さが起こりやすくなります。

   ここで、
   焦り興奮は、頭の過剰に速く動かしている状態です。

 ◎動きと頭の熱さ

   焦って速く動くと、頭が熱くなります。

   ゆっくり動くと、頭は熱くなりません。

 ◎身体の下半身を中心に動くと

   下半身を充実させ、下半身を中心に動くと、
   焦りが少なくなり、興奮しにくくなります。

   そのために、頭の不必要な乱れは少なくなります。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-100 )
      (http://www.ysdc.net/ )

☆対策とその整理

 ◎頭が熱くなれば、冷ますようにする

  ・すぐに熱くなるのは、呼吸が短くなっているからです。
   ですから、呼吸を長くすることです。

 ◎重心を降ろすようにする

  ・頭に血が上るという言葉がありますが、
   上体、とくに頭が冷える能力を高めることです。

  ・重心を降ろすには、肩の力を抜き、
   下半身の動きをつくり、充実させることです。

★人の変わる一言ヒント:やってみよう:今日のコーヒータイム:

今回のテーマは、夕食と自由と不自由のシンプルな実体験です。

「利き腕と反対の手を使って、

       夕食をとってみましょう」

です。

☆参考に

 ◎自由さと不自由さについて

   人が自由と不自由を感じたり思うことは、
   相対的なことです。

   制限され、不自由さを感じた後に、
   制限をほどくと、自由を感じます。

   いつも自由な人は、
   自由さを感じないし、思うこともありません。

   当たり前の、普通のことだからです。

  ………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-93 )
          ( http://www.ysdc.net/page50.php

☆頭や心の気づき

  ……あなたは、この体験で、
    どんな事が、頭や心に浮かびますか、気づきがありますか?

  * 「面倒くさいナー」の思いが浮かぶ

  * 「嫌だイヤだ」という感情が浮かぶ

  * 「こんなに不自由なのか」という思いが浮かぶ

  * 「これはおもしろい体験だ」という思いが浮かぶ

  * 「バランスをとるために、反対の手も使ってみよう」と思う

  * その他