Monthly Archives: 7月 2012

★怒りと陰陽の陽とバランスとサイコセラピーヨガ催眠……………心の悩みの解決のためのヒント

<続き>

今回のテーマは、怒りと頭や心、体を整えるヒントです。

                                 <自己開発センター>

                                 <自己開発センター >

☆陽の怒りの対策:一例………………シンプルにみます

 ◎陽的な怒りの場合

   陰の刺激があると、バランスがとれ、怒りが収まりやすくなります。

   基本的な言い方をすれば、次のようになります。

    陽の怒りの場合 → 陰の刺激が必要となります

 ◎怒りの感情と陰陽

   怒りの感情が、陽的な状態とすれば、

   その感情を整えるためには、
   陰の心や感情などをつくることが有効です。

   怒りに対して、
   陰となる心は、、落ち着いた喜びやくつろぎです。

   (これらの感情や心の中で、怒りは極陽になります)

   さらに言えば、
   哀しみなどの体験は、非常に陰的な体験となります。

   ですから、この理屈で言えば、
   怒りの強い人は、人の哀しみをわかるようにすることも大切です。

   本当に哀しみのわかる人は、怒りが非常に小さいようです。

   (この心をすぐにわかるとよい、と言うことでなく、
    生活の中で体験した時に、気づくことです)
   

 ◎陰の刺激となるものの例は、次のようなもの

   * 食事は: どちらかというと、野菜類や夏場にとれる食物が有効です。

   * 呼吸は:日頃から、長めの落ち着いた呼吸が必要です。

   * 運動は:ストレッチ的なものとゆるみ的なものが効果的です。

   * 正座する:瞑想的な、静かに座る体験が効果的です。

   * 身体の関連部位を整えることです。
     :怒りに関連する関連部位が身体にありますので、
      これらを整えることです。

     :とくに下半身を強化し、さらに重心を下げることです。
      下半身を強化すると、上体が陰となりやすくなります。

   * 現実体験を多くすることです。
     (現実体験の中での気づきは、陰の刺激となります)

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-98 )
      (http://www.ysdc.net/ )

☆深い心の悩みを持つ人の対策は

 ◎協力者をつくること

   生活全体が、不要な怒りを整える協力者
   (生活の中のものや体験を人格化すると) にすることです。

   ここでの協力者とは、食事や呼吸、
   その他さまざまな体験が含まれます。

   悩みを持つために、動けない人であっても、

   例えば、食べるものに、ちょっとだけ関心を持ったり、

   呼吸をちょっとだけ長めにしようとするだけで、
   自分の生活の中にあるものを協力者にすることができます。

 ◎カウンセラーや心理療法家も協力者

   心の悩みを持つ方の水先案内人が、
   結果として、カウンセラーや心理療法家です。

   深い問題を持っている人は、さまざまな協力者をつくることです。

<続く>

★人の変わる一言ヒント:やってみよう:今日のコーヒータイム:

今日のテーマは、亀になってみます。

「亀になって、ゆっくり歩いてみよう」

です。

  ………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-91 )
          ( http://www.ysdc.net/page50.php

☆やり方

 ◎一日一回、10分間位歩いてみましょう

 ◎歩き方

   通勤通学時に、危険のないところ、気にならないところで、
   ノソノソと動作する象徴の亀さんになって、
   歩いてみましょう。

 ◎ポイント:

   気楽に、できる人だけやってみます

☆気分や納得はどうですか

 体験の最中や後で、
  自分の気分や納得感は、どうですか。

 ◎何も感じない

 ◎スッキリした、ホッとした(または、後味が良い)

 ◎不快な感じがある(または、後味が悪い)