Monthly Archives: 7月 2012

★癒しとバランスとサイコセラピーヨガ催眠……………心の悩みの解決のためのヒント

今回のテーマは、バランスをとることで、癒しの得られる例です。

              <自己開発センター>

              <自己開発センター >

☆バランスとは

 ◎起き上がりこぼし

   起き上がりこぼしは、
   バランスのとれているときに、元に戻ります。

   つまり、
   バランスがとれているときに、安定しやすくなります。

   ここでは、このバランスのとれることを大切にしていきます。

 ◎神経のバランス

   身体で言えば、自律神経も、
   交感神経と副交感神経のバランスがとれているとき、

   一般に、不快な症状を起こしません。

 ◎生活の仕方とバランス

   生活の仕方からみるバランスもあります。

   夜眠ることと、昼に活動することのバランスが乱れていなければ、
   心身の問題を起こしにくくなります。

   このようにバランスを取ることは大切なことです。

☆バランスをとる例………………サイコセラピーヨガ催眠法から

 ◎身体バランスと、疲労解消

   人は心理的な疲労が蓄積してくると、不快な症状が起こります。

   癒す方法は、さまざまありますが、

   身体のバランスをとることで、
   心理的な癒しをつくることができます。

 ◎Aさんの場合

   例えば、疲労の大きいAさんの場合です。

   体質的なものが関連していますが、

   彼女の身体の左右のバランスをとると、
   それまでの疲労感が解消されやすくなります。

   通常は、その疲労を解消する場合、

   心理的な面は、心理的なところから、
   肉体的なものは、肉体からとする
   イメージがあります。

   ところが、ここでの体験は、
   ”心身一如”という言葉の現実的な体験できます。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-93 )
          (http://www.ysdc.net/ )

 ◎Aさんの場合のやり方

   Aさんの場合は、
   呼吸を整えて、軽いトランス状態に入り、
   左手を中心に、体を動かしていきました。

   このような動きから、Aさんは、
   心身の全体の疲れがとれ、癒されていきます。

   Aさんの場合、
   身体の左右のアンバランスがあり、

   そのアンバランスが解消されたため、
   癒しの働きが起こってきました。

 ◎ポイント

   一般にアンバランスからバランスをとれるようになると、
   心や体は変化してきます。

★人の変わる一言ヒント:やってみよう:今日のコーヒータイム:

今日のテーマは、動物になって歩いてみます。

「ゴリラになったつもりで、歩いてみましょう」

です。

 ◎参考に………………人格転換法のヒント

   頭、心、体がいつもと異なる動きをすると、
   いつもと異なる見え方や思い方、考え方ができるようになります。

   生活の中で壁にぶっつかっていたり、困ったことがあるときに、
   周りの見え方が変わると、
   答えのヒントが現れやすくなります。

 ………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-86 )
         ( http://www.ysdc.net/page50.php

 ◎歩き方

   膝を曲げ、上背部を少し丸めて、手を下に降ろし歩いてみます。

 ◎一日一回行ってみます。

☆ポイント

 ◎気楽にできる人だけ、気楽にできる場でやってみます

☆気分や納得はどうですか

 体験の最中や後で、
  自分の気分や納得感は、どうですか。

 ◎何も感じない

 ◎スッキリした、ホッとした(または、後味が良い)

 ◎不快な感じがある(または、後味が悪い)