★カゼとその活用(パニック的な面倒くささのメッセージ)………人の特性と反応

今回のテーマは、面倒くささです。

                        <自己開発センター>

                        <自己開発センター >

風邪をひくと、
さまざまな反応が起こってきます。

その反応を
自分の体質、特徴、気質を知る、
わかるためのメッセージとしてみていきます。

あるいは、活かすための方法としてみていきます。

今回は、その中で、面倒くさいと
感じる、思う、考えるときについてです。

この面倒くさいは、風邪を引かなくとも、
起こる人は起こるものです。

ここであえて取り上げた理由は、
重要なことに対して、
「面倒くさい」と、思い、考えて、
ただ切り捨ててしまうと、
後で困ることも起こるためです。

☆ここでの具体的な体験………幅を広げる基本対策

面倒くさいと考え、思うとき、その状態を、
ここでは二つに分けます。

 ◎「面倒だナー」と考えている状態で、行動の止まっている場合です。

 ◎「面倒くさい」と思った瞬間に、思考、行動の止まってしまう場合です。

今回のテーマの内容は、
二つめのパニック的な思考の停止状態についてです。

この場合、「面倒くさい」と感じると、

反射的に、頭の働きが停止し、
あるいは真っ白となってしまいます。

その停止時間は、本当に瞬間です。

これは、
広い意味で、パニック状態です。

(あるいは、パニックも似たような頭の働きをしています)

このような問題が起こったとき、
できるだけ早めにリセットするために、
次のような方法があります。

☆対策1………………一つの方法

 ◎呼吸の活用………………呼吸から

一つの対策としての方法として、呼吸からみていく方法があります。

ここで、思考停止時間が
例えば、5秒であれば、

その時間軸を体験の繰り返しで、少しずつ、短くしていきます。

具体的には、5秒を3秒とか2秒、1秒に短くしていきます。

  例えば、
  (面倒くさいと思う瞬間)
   直感的思考時間0.5秒  → 思考停止時間 → 通常思考時間5秒に変換
                     (数秒間)    できる能力が必要です。

 ◎具体的な方法1

  面倒くさいと思った瞬間の直後に、深呼吸します。

  もちろん、このように、思った瞬間に、深呼吸などは、

  最初から、うまくできませんので、

  はじめは、気がついたときに、深呼吸をします。

 ◎ポイント
   この時間軸を長くする基本の対策は、呼吸です。

   呼吸がポイントです。

   そこで具体的な方法は、深呼吸です。

☆対策2………………(無理はしないこと)

 ◎トランス状態の中での体験

  催眠トランス状態の中で、体験を行い、
  自分が見える、感じられるようにしていきます。

 ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-53 )
              (http://www.ysdc.net/ )

☆ポイント………………体験の活かし方

 ◎弛み対策:面倒くさいことのできるコツをつかむこと

  面倒くささの中に、弛み体質の人の
  解決のヒントがあります。

 ◎面倒くさくなる理由は

  何度も行っていること、
  慣れてしまったことの中に、「面倒くささ」があらわれます。

 (ここで、発見力を高め、慣れるほどに、深く掘り下げていくことです。

  人は慣れてくると、同じ事行うほどに、面倒くさくなります。

  表面的なものでなく、深く掘り下げ、広げていくことです)

  一般に、
  同じ事をやっていくと面倒くさくなるのは、
  発見力が働いていないためです。

  また、発見力を働かせると、
  面倒くささや、わかったつもりになりません。

☆前向きにみると

 ◎さらに言えば、

  質の良い緊張を行うことです。

  ひたむきに一生懸命できることを行うこと
  と言っても良いかもしれません。

  元々、たるみやすい体質の人は、
  日常生活の中で、そのための対策を怠りなくすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です