★ヨガ催眠と萎縮、緊張タイプの特徴(自律神経失調の悩みタイプ)

今回のテーマは、萎縮、緊張タイプです。

 また、自律神経失調症になりやすいタイプでもあります。

                  <自己開発センター>

                  <自己開発センター>

人の特徴に、
緊張しやすいタイプと、ゆるみやすいタイプがあります。

今回は、この中の萎縮、緊張しやすいタイプです。

あえて言えば、身体などの萎縮型です。

このタイプの方は、

何らかの刺激を受けると、
心身の反応は、硬くなりやすいタイプです。

ここで、
このタイプの方の特徴をみていきます。

まず、
心理的な面からみますと

 ◎気遣いのできるタイプです

  相手の状況をみるのが得意なので、
  事実か思い込みかを別にして、
  相手を気遣うことが多くなります。

 ◎察する能力の高い方が多いようです

  相手をみるのが得意なので、気遣いだけでなく、
  察する能力も高まってきます。

 ◎不安や緊張を起こしやすいタイプです

  ”相手のみる自分”に関心が高く、
  過剰に、相手に合わせようとする特性があります。

  そのために、不要な緊張を高めることになります。

次に、身体面からみますと、

 ◎身体的に緊張、萎縮しやすい体質を持っているタイプです

   身体面からみると、体のこわばりやすい傾向があります。

 ◎自律神経に関して

   体質的には、
   自律神経の乱れやすい体質です。

   また、自律神経の中の
   交感神経の働きが、優位なタイプでもあります。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-38 )
              (http://www.ysdc.net/ )

行動性については、

 ◎行動が止まってしまう

   人は、いざという時に、行動をストップさせてしまう場合があります。

   このタイプの方は、
   困った問題や緊張場面に出会うと、

   他の方よりも動けなくなってしまう傾向もあります。

悩みの例としては、

 ◎あがり、緊張

  このタイプの方は、緊張しやすくなります。

 ◎対人緊張

  対人緊張なども起こしやすくなります。

 ◎自律神経失調症

  自律神経系の乱れをつくりやすい傾向があります。

等があります。

<続く>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です